アイルランドの秘境 世界遺産スケリッグマイケルへ

Sponsored Link



アイルランドへ旅行に行くと決めてから、アイルランドのことを必死に調べていた時に知ったのがStar Wars(フォースの覚醒)でルーク・スカイウォーカーがいた島が実在すると言うこと!

映画を見て実在するなんて思えない景色だったので、実在するなら行きたい!と思い行くことに。

スポンサードサーチ

スケリッグマイケルへの行き方

アイルランドのケリー州の小さな町ポートマギーからボートで島へ行くことができます。

遊覧船とプライベートボートの2種類がありますが、遊覧船の場合は島への上陸はできません。

なので、島へ上陸したい場合はプライベートボートをチャーターすることになります。

ポートマギーまでは私たちはダブリンから車で行きました。

前日に飲み過ぎた為に昼ちょっと前の出発になってしまいましたが・・・。

ポートマギーへのダブリンからのルート

今回、私のリクエストでリムリックへ寄ることにしました。

キラーニー経由と言うパターンもあります。

ダブリンからリムリックへ行く途中には「バラク・オバマ・プラザ」と言うドライブインがあります。

オバマ元米大統領の母方の先祖がアイルランドのモニゴールと言う所の出身らしくアイルランドをオバマ元大統領が訪問した際に訪れたそうです。

そして、ちょうど7号線からモニゴールに向かう降り口にあるドライブインが「バラク・オバマ・プラザ」

大きいドライブインで食事をするところなんかもあります。

そしてバラク・オバマ元大統領とミシェル・オバマさんの等身大パネルがあるので記念撮影にもぴったりです!



Skelligs’s Rock Landign Tour “プライベートボートのチャーター”

スケリッグマイケルは世界遺産で景観保存のために特別なライセンス所有者のボートしか上陸することが許可されていません。

一般のボートは遊覧船になります。

でも、絶対に上陸する方をお勧めします!!

さて、予約方法ですが私はSEA QUEST SKELLIG TOURSから予約しました。

英語のみになります。

2018年度のツアーはすでに終了していますが2018年度は5月14日〜10月2日までやっていたようです。

プライベートボートのチャーター料金

 

価格は85ユーロ

ネットからの予約時に31.5ユーロをデポジットとして払います。

残りは船が出航する日のツアーの終わりに現金で払いました。

スケリッグマイケルへのボートツアーは天気や海の状況によってキャンセルがよくあるそうなのですが、

キャンセルになると先に払ったデポジットは返金されます。

ボートが出航するかは、当日の朝に電話で確認するようにとありますので英語必須 !

 

 

注意点

スケリッグマイケルにはトイレがありません。

なので、出発前にトイレに行っておきましょう。

お店や自動販売機ももちろん無いので水や小腹が空いた時用の食べ物は持参しましょう。

ツアーは夏限定

 

スポンサードサーチ

スケリッグマイケルってどんな所?

スケリッグマイケルはイヴェラ半島の沖合12キロにある岩島

世界遺産で「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に登場したことでさらに注目を集めている島です。

ただ、天候次第ということで「運が良ければいける島」という日数の無い観光客にはとっても厳しい島。

ただ、時間が許すなら是非とも行ってみてください!

私はスケリッグマイケルへ行く日に当てていたのは、たった1日でしたが運よく行くことができました。

天気も良かったのですが、ボートは揺れまくりです。

揺れるというより軽くアトラクションなのか!?って言うぐらい激しい揺れでした。

途中でラッキーなことにイルカにも遭遇

 

 

上陸したら階段を登って行きます。

結構、きついですが皆んなマイペースに上がっているので頑張れば上まで登れます。

ただ、高所恐怖症の人には少し厳しいようで途中で断念している人もいました。

上まで登るとスター・ウォーズにも登場した石造りの建物が

ここには昔、アイルランドの初期キリスト教の僧侶が住んでいた教会やお家が今も現存しています。

一時は子供も住んでいたそうです。

 

Star Wars好きにはピン!とくるはずのこちらの写真。

そうレイがライトセーバーの練習をしていた所です。

ライトセーバーを持って立つポーズをして写真を撮って皆んな満喫していました!

 

船酔いや体力的に不安を抱えながら行きましたが、私は船酔いもせず階段はとっても辛かったですが

無事に登ることができました。

それでも遠いながらも行く価値ありの絶景でした!

 

 

 

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

海外留学とディズニー勤務を経てお気楽OL中 団体行動嫌いのアラフォー 年1回の海外旅行を生きがいのPC音痴が ブログに挑戦中