ブリュッセル グランプラス近くのホテルドミニカン宿泊レビュー

Sponsored Link



ブリュッセルのホテル選びに重視したのは、まずはマリオット 系のホテル。

マリオットBonvoyの会員なので貯めたポイントを宿泊費に当てる事で旅費を節約したかったのでマリオット系から探しました。

そして、できるだけ母の体力を考えて中心部に近いところ。

そうして絞り込まれたのがブリュッセル・マリオット・ホテルとドミニカン・ブリュッセルホテル

マリオットに泊まってみたかったのですが、残念ながら希望の日程で空室がなかったのでドミニカン・ブリュッセルを選択することに。

スポンサードサーチ

ドミニカンホテルブリュッセル

ブリュッセル中央駅から徒歩で約6分、グランプラスから徒歩5分ほどのところに立地しているので観光にはとっても便利な場所にあります。

マリオット 系のホテルではありますが、デザインホテルに属しています。

建物は元修道院でエレベーターに乗るとグレゴリオ聖歌が流れています。

そしてホテルのそばには王立モネ歌劇場があります。

スタッフの皆さんはフレンドリーで荷物も数日間快く置いといてくれました。

寒いブリュッセルから秋物の服を入れたスーツケース1個を置きマルタに夏服だけ持って行けたので

とても助かりました。

 

お部屋はこんな感じ

 

お部屋はコンパクトで照明も暗めですが大きいスーツケースを2つ開けることはできたので、

母と2人で宿泊するには十分な広さでした。

ベッドの上にはバスケットが。

バスケットの中にはバスローブ、スリッパとお水が入っていました。

なんか、可愛いです。

ネスプレッソとポットが置いていましたが、残念なことにカップが洗われているのか?と思う感じでした。

冷蔵庫の中にはお酒やジュースそしてチョコレートが入っていました。

9月に旅行しましたが寒かったのでバスタブがあって助かりました。

特に母はバスタブが欲しいとホテルを探す際に言っていたので好評でした。

ドライヤーやシャンプーなどは置いてあります。

 

スポンサードサーチ

宿泊費とポイント

私はSPGアメックスと言うクレジットカードを普段からメインカードにしています。

こちらのカードはマリオットBonvoyと言うマリオット 系のホテルのポイントがクレジットカードの

使用に応じて貯まるカードなので、今回は宿泊費を節約したいと言うことでポイント宿泊にしました。

ただ、私の目的はマリオットBonvoyのポイントをエアマイルに交換したいと言うことがメインなので、

キャッシュとポイント払いと言う選択をしました。

2泊をポイントそして1泊を現金払いにしました。

フレキシブルにポイントと現金払いを混ぜれるのは私的にはとっても助かりました。

1泊25,000ポイントで宿泊できたので2泊で50,000ポイントを宿泊に。

そして1泊は現金241.72ユーロと現金の持ち出しをグッと抑えられたのでよかったです。

 

ドミニカンホテルに泊まった感想

駅からも歩けたのでブリュッセル 以外の都市への観光も簡単い行くことができましたし、

小便小僧や、グランプラスなどの観光名所が近くスーパーなんかで買い物をして荷物が重くなってもすぐに部屋に置きに行ける距離にあるのはとっても助かりました。

清掃面ではちょっとどうなのか?って思うところもありましたが、初日以降は”Thank you”のメモとチップを置いておくとだいぶんマシになりました。

まあ、チップのおかげなのか対応した清掃員さんの問題なのかは謎ですが。

このレベルのホテルにしては掃除がなってないなとは思いますが、立地の良さと立地に対しての宿泊費がリーズナブルなのを考えると許容範囲かと思います。

マリオット系に泊まるならマリオットBonvoyの会員になるのをオススメします!

予約前に登録することによって会員限定の宿泊費や無料wifiなどの特典を得ることができます。

 

私のようにSPG アメックスのクレジットカードを持つと言うのもオススメです。

通常マリオットBonvoyのGoldメンバーになるのは通常25泊マリオット 系のホテルに宿泊しないといけませんが、

SPGアメックスを持つと自動でGoldメンバーになれます。

ただ、年会費が34,100円と高額なので高収入でもない私がそんな高額な年会費を払ってまで

このクレジットカードを持っているのか興味のある人は是非、他の記事も読んでみてください!

MOXY本町滞在レビュー 2019 part2

2019-06-05

GWは琵琶湖マリオットで旅行気分

2019-05-05

MOXY大阪本町 滞在レビュー2019

2019-03-09

平均年収OL “SPGアメックス継続特典” の無料宿泊で香港に行ってみた。

2018-12-02

 

 

 

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です