スリーマからブルーラグーンで有名なコミノ島とゴゾ島へ自力で行ってきた!

Sponsored Link



今回のマルタ旅行で私が一番楽しみにしていたコミノ島へ滞在3日目に行ってきました。

日本から浮き輪も用意して、準備バッチリです!

天気が心配でしたがコミノ島へ行ったときはなんとか晴れてくれました。

ツアーでスリーマから行くのが多分、いちばん楽なんだろうけどコミノ島へ着いた時には人があふれていると口コミなどで読んだので自力で行ってきました。

 

スポンサードサーチ

スリーマからコミノ島への行き方

スリーマからコミノ島へはバスとフェリーで行くことになります。

とにかく人がいっぱい来る前に行きたい!と言うことで朝1のフェリーに乗るのを目指しました。

スリーマのバス停から222番のバスでチェルケウアと言う港まで行き、そこからボートに乗って行きます。

チェルケウアは終点なのでバスに乗ってしまえば降りるところを間違えることは無いです。

スリーマのバス乗り場はFerries 5と言うところで海側では無い方に乗り場がありました。

スリーマからCirkewwa(チェルケウア)までは1時間ちょっとかかりますので時間を朝一のボートに乗りたい人は

早起きしましょう。

コミノ島とゴゾ島どちらも行きたい人はチケット売り場で伝えるとチェルケウアー〜コミノ〜ゴゾ島の

チケットを買うことができます。

チェルケウアーコミノの往復と、チェルケウアーコミノーゴゾ島は値段が同じでしたが、チケットの色が違うので

ゴゾ島に行きたい方は忘れずに言いましょう。

ゴゾ島からチェルケウアに戻るチケットは含まれていないのでゴゾ島のフェリー乗り場で4.65ユーロで購入します。

引用: Comino Ferries

コミノフェリーのwebからチケットを予約すると1ユーロほど安く購入できるようです。

 

絶景コミノ島のブルーラグーン

チェルケウアから朝一のボートでコミノ島へ行きましたが既に島には結構な人がいました。

ゴゾ島からの人たちだったのかな?

ボートを降りて右手に進んで端の方に行くと騒がしくなくて落ち着けます。

岩場ですがパラソルとチェア(2脚)を20ユーロで借りることができます。

場所によって多少値段の差があるようですが・・・。

私と母は浮き輪を日本から持って行きネットで調べたやり方でふくらましてみたのですが、

うまくいかず、大きい浮き輪2つを膨らますので少し疲れてしまいました。。。

9月9日に行きましたが、少し水が冷たかったです。

入ってしまえば大丈夫ですがこの日は日差しもそこまで強くなかったです。

それにしてもとってもキレイな海でシュノーケリングの道具が無くても魚をみることができます。

小さい魚がちょっといるぐらいなのでシュノーケリングするほどでは無いですが。

コミノ島にも日本人がいっぱいいました。

みんな思い思いにキレイな海を楽しんでいます。

シャワーやトイレ、ロッカーなどもありますがシャワーは外で結構、壊れているのもありました。

トイレは混んでいたので私と母は岩陰に隠れて帰りは着替えました。

お昼頃にコミノを離れる頃にはツアーのボートなども来ていて最初より水が濁って見えました。

まあ、それでもめちゃくちゃキレイですけど。

コミノ島は砂浜がほとんど無くて岩場なので、ウォーターシューズを持っていくことをオススメします。

私たちも出発前に日本で購入して持って行きました。

 

スポンサードサーチ

コミノ島からゴゾ島へ

来た時のチケットの半券を渡してゴゾ島行きのボートに乗り込みます。

ボート乗り場は降りたところと同じですが人でごった返しています。

アトラクションかのように結構なスピードでゴゾ島へ向かいます。

ゴゾ島でタクシーをチャーター

ゴゾ島に着くとバスツアーやタクシーなどが止まっていますが、バスツアーはオープントップバスなので基本的には

乗って降りたいところで降りて、また次にきたバスに乗ると言う感じのようだったので、母もいて疲れては困るので

タクシーをチャーターすることに

おじさんが寄ってきてセールスをしてきます。

定額で決まっているのか回るコースと値段が書いた紙を見せてくれます。

私たちが行きたかったソルトパンがなかったので、変更してもらい70ユーロで回ってもらうことになりました。

おじさん、英語で説明してくれますが中々、アクセントがきつくて半分ぐらいしか聞き取れなかった・・・。

景色の良い場所などに連れて行ってもらいましたが、ついていない事に雨がすごくて写真がいまいちです。

ただ、ソルトパンに着いた頃には晴れてきました!

ソルトパンのそばにあるお塩屋さん

おじさんが1人でお塩を売っています。

その後チタデルで観光

坂が結構ここもきついです。

チタデルにあるCastle Jewelleryでフィリグリーを購入しました。

シルバー、ピンクゴールドにゴールドが使われているピアスとブレスレット

そして母はマルタ十字のピアスとネックスレス

お店のお兄さんにTax Freeの書類をくれるように頼みましょう。

私たち忘れていて店を出てから思い出してお店に戻って書いてもらいました。

帰りはゴゾ島のフェリー乗り場に戻ってもらい、フェリー乗り場でチケットを購入してチェルケウアに

戻りました。

 

マルタのコミノ島本当にオススメです!

あ〜また行きた〜い!!

静寂の街イムディーナとバレッタを散策

2019-10-20

マルタ島の朝市マルサシュロックへスリーマからバスで行ってきました!

2019-10-20

マルタ・ベルギー旅行にオススメSimカード

2019-10-12

マルタ・ベルギー旅行費用

2019-09-21

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です